TOP > 日本には多くの外国人技能実習生が来ています

日本には多くの外国人技能実習生が来ています

現在の日本では、外国人が仕事を行うためには在留資格によるものしか認められていません。

近年のコンビニや、レストランなどで見かけることがあるアジア諸国のアルバイト店員の場合には、多くのケースで留学生ビザを所有していることになります。

カンボジアの人材派遣の情報はここで調べよう。

技能実習を目的として日本に来ている外国人の場合には、飲食店などで仕事をすることは認められていませんので、サービス業においては日本人と結婚することで在留資格を得た場合や、留学生が勤めています。

外国人の技能実習生については、工場などで受け入れをしている企業があるために、配属されている人がいますが、一般的には認知度が低いものと言って良いでしょう。

いろいろなカンボジアの技能実習生に関してはこちらのサイトをご覧ください。

ただし、技能実習生のビザで入国して、日本の企業で仕事をしながら技術を学んでいる人は17万人を超える数となっています。技能の実習を目的としたビザは基本的に3年間と有効期限が決まっており、人生の中で1度だけしか資格を得ることができません。

1度だけと制限が設けられている理由は、実習生は労働者ではなく、あくまでも仕事を勉強する学生という認識のためと言えます。



3年間のうちに就労できるのは、職種ごとに決められているJITCOが定めている職種リストに掲載されているもののみとなり、職種リストに載っていない仕事については、技能を学ぶ意味があると入管時に判断されたときに1年間の就業が認められます。外国人が日本に来るときには、心構えをしっかりと教育しておかなければ、単純な労働者と勘違いをすることによって技能の習得に結びつかないとい懸念材料もあります。